ブログ

出かけよう、日美旅!

本日放送されました日曜美術館(Eテレ)の谷川晃一 特集、最新作の制作風景から過去の貴重映像まで、と見ごたえたっぷりの内容でした。

※12月11日夜8時より再放送があります。
見逃した方はぜひこちらを。

番組HPでは放送内容とリンクした旅のコーナーがアップされています。

出かけよう、日美旅
「日曜美術館」その舞台をめぐる
サイトはこちら

アートフェスも紹介されてます。

第25回の参加募集がスタート!

次回はいよいよ25回目!

2017年の参加募集が12月1日から始まります。
皆さま、奮ってご参加ください。

締め切りは2017年1月25日です。

募集要項と申込用紙はHPメニューの [参加お申し込み] よりご覧いただけます。
プリントアウトしてお使いください。

※プリントアウト出来ないという方は必要書類の郵送も致しておりますのでご連絡ください。

12月4日放送の日曜美術館

12月4日放送の日曜美術館(Eテレ)は谷川晃一 特集です。
皆さん、ぜひご覧になってみて下さい。

絵は歌うように生まれてくる
~画家・谷川晃一 森の生活~

番組HPはコチラ

Eテレ
12月4日 AM9:00~
*再放送:12月11日 PM20:00~

 

アートフェス関連の書籍紹介

伊豆高原アートフェスティバルってどんなもの?

今回はアートフェスがわかる書籍のご紹介です。

dsc_3570

まずはタイトルもそのものズバリ、
「伊豆高原アートフェスティバルの不思議」谷川晃一(河合ブックレット38)
アートフェス本の決定版。

dsc_3567
次にご紹介するのは2005年出版の
「半島暮らし 伊豆高原アートフェスティバルの仲間たち」宮迫千鶴 編(木戸出版)
運営委員会メンバーたちによるエッセイ集です。

dsc_3564

最後にご紹介するのは最新刊
「雑めく心」谷川晃一(せりか書房)
アートフェスの章からスタートする「心雑めく」エッセイ集。

*ご注文はお近くの本屋さんで*

谷川晃一・宮迫千鶴 展

dsc_3565-2
当フェスティバルの運営委員長である谷川晃一とフェスティバルの中心人物であった故・宮迫千鶴の二人展が神奈川県立近代美術館 葉山にて開催されています。
二人の伊豆高原時代の作品が一堂に。
陽光礼賛
伊豆高原の陽の光が溢れています。

会期:2017年1月15日まで
神奈川県立近代美術館 葉山